単半巾帯をつくり終えたIさんが、以前参加してくれた座繰り体験で作った糸の撚糸に来てくれました。

大石紬伝統工芸館には小型の工房用撚糸機が置いてあります。今回は糸を合糸済みなので、小型撚糸機で撚ることにしました。

常に糸の送り出しの様子をチェックしながら撚糸します。

この小型撚糸機は最近導入したものですが、工業用撚糸機に慣れている私としては少し撚糸に時間が掛かると感じてしまいます。ただ、大石の撚糸機は片撚りの甘撚り糸しかできないので、今後は小型撚糸機を使って諸撚り糸や強撚糸など色々な糸を作るのに使ってみたいと考えています。

さて、Iさんの撚糸作業はある程度のところで終え、ストールの藍染も行いました。

冬場の染め作業は水洗いで手が悴んでしまうのが大変です。寒空の下、パタパタとストールを空気にあてて藍を酸化させている様子がより一層寒そうに見えてしまいますが、藍の染液につけた後、酸化させるという作業を何度も繰り返して、綺麗な藍染のストールが出来上がりました。

富士山の上には笠雲がかかっていて雨が降り出しそうなお天気です。